本課《会話》的文法重點全在《文型と表現》提到了,《よみもの》大致上也沒什麼問題,只是第一句:

「新年に神社やお寺に参拝し、一年の無事を祈ること初詣といいます。」

不太了解為什麼助詞要用「を」耶!

 

接下來直接進入《文型と表現》部份吧! 


1.初詣にお越しの方は、こちらにお並びください

「お + 動詞ます形(連用形) + ください」是要求對方做某事的客氣說法。 


例:こちらにご住所を書きます。 →こちらにご住所をお書きください。

1)このいすにかけます。 →このいすにおかけください。 

2)書類を確かめます。 →書類をお確かめください。 

3)もう一度調べます。 →もう一度お調べください。 

4)こちらから入ります。 →こちらからお入りください。 


2.迷子にならないように、気をつけてください

 「動詞原形 / ない形 + ように」是以 「AようにB」的形式,表示為了使某個狀態或狀況A成立,而做了意志性的動作B。A的部份只限使用動詞原形,而動詞也只限於無意志動詞及可能動詞;B的部份則使用意志性動詞 


例1:後ろの人にも聞こえます / 大きな声で話します →後ろの人にも聞こえるように、大きな声で話します。

例2:将来困りません / 貯金しています →将来困らないように、貯金しています。

1)日本語が上手になります / ラジオ放送で勉強します →日本語が上手になるように、ラジオ放送で勉強します。

2)朝起きられます / 目覚ましをセットします →朝起きられるように、目覚ましをセットします。

3)交通事故にあいません / 気をつけてください →交通事故にあわないように、気をつけてください。

4)成績が落ちません / よく勉強しましょう →成績が落ちないように、よく勉強しましょう。
 


3.じゃ、お参りした後で、もらいましょう。  

「動詞た形 + あとで」是以「AたあとでB」 的形式,表示先做A動作再做B動作的時間先後關係。


例:ご飯を食べます / 出発します →ご飯を食べた後で、出発します。

1)お参りをします / 写真を撮りましょう →お参りをした後で、写真を撮りましょう。

2)日本語を勉強しました / 会社へ行きます →日本語を勉強した後で、会社へ行きます。

3)電車を降りました / 忘れ物に気がつきました →電車を降りた後で、忘れ物に気がつきました。

4)お風呂に入ります / 冷たいビールを飲みます →お風呂に入った後で、冷たいビールを飲みます。
 


4.お辞儀をして、手を打ってから、手を合わせて拝みます

「動詞て形 + から 」也是以「AてからB」  的形式,來表示先做A動作再做B動作的時間先後關係。  但兩者的不同處在於,「AたあとでB」  只是單純敘述兩件事情的順序,而「AてからB」則是強調A之後立即接著做B。


例:朝起きます / 体操します →朝起きてから 体操します 
 

1)野菜を切ります / 鍋に入れます →野菜を切ってから鍋に入れます
 

2)お風呂に入ります / テレビを見ます →お風呂に入ってからテレビを見ます
 

3)電話をかけます / 友達の家を訪ねます →電話をかけてから友達の家を訪ねます
 

4)席に着きます / パソコンのスイッチを入れます →席に着いてからパソコンのスイッチを入れます
 


5.志望校に受かるようにお祈りしました  

這裡的「動詞原形(連體形) / ない形(否定形) + よう(に)」也是「Aよう(に)B」的句型表現,如果B的部份是「祈る、願う、希望する」等表示祈願或希望的動詞時,那麼A就是表示祈願或希望的內容  


例:大学に合格できます / 神様にお祈りしました →大学に合格できるように神様にお祈りしました  

1)世界が平和になります / 希望します →世界が平和になるように希望します
 

2)今年は景気が回復します / 期待しています →今年は景気が回復するように、期待しています

3)一年間無事に過ごせます / 願っています →一年間無事に過ごせるように願っています

4)病気が悪くなりません / お祈りします →病気が悪くならないようにお祈りします



今日はこれで......

全站熱搜

JoyceLee41 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()